Category: DEFAULT

8 Comments

  1. 長持が多く使われたのは江戸時代から明治・大正にかけてである。嫁入り道具として衣類や布団などを入れて運び,そのまま収納家具として使われたのがおもな用途であり,嫁入りの際,長持を担ぐ人たちによって歌われたのが長持唄である。.
  2. 宮城県民謡の「長持唄」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)ハー今日はナ日もよし 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。.
  3. 「長持唄」は、嫁入りの際の様々な場面での挨拶を唄にしています。.
  4. 福田こうへいの「宮城長持唄」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)ハァー今日はナー日もよし 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。.
  5. 長持歌/長持唄(ながもちうた)とは。意味や解説、類語。民謡の一。神事や婚礼のときに長持をかついで運ぶ人たちがうたう歌。拍子にはまらず、ゆっくりした節回し。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。.
  6. なお、長持唄 (うた) は、神事・婚礼などに、これを担いで運んだ人夫が歌った唄で、今日にも伝えられている。.
  7. 箱の下に車輪を付けて移動の便をはかったものを、車長持という。.
  8. 熊谷一夫の「長持唄(宮城)」 をレコチョクでダウンロード。 (iPhone/Androidアプリ対応) このブラウザはサポートされていません。.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2018, Hotelone WordPress Theme by Britetechs